永遠的棒球

台灣野球のパワプロ再現ならお任せあれ。

巨人台湾遠征(VS中信兄弟、樂天桃猿)の見どころまとめ!

こんにちは。久々にパワプロ以外の記事を書いていきます。

CPBL屈指の人気球団の中信兄弟と10年代に前身のLAMIGOとして黄金時代を謳歌した樂天桃猿。今回読売ジャイアンツはこの2球団と交える訳であるが、球団名を聞いたことはあっても中々細かくは分からない人も多いだろう。

 

今回はそんな国内屈指の人気球団である2球団をざっくりとまとめつつ、今回の台湾遠征の見どころを伝えていきます。

 

目次はこちら

 

中信兄弟(中信ブラザーズ)
まるで台湾の阪神熱いファンと高い団結力

 

かつては兄弟飯店を親会社とし、兄弟象(兄弟エレファンツ)として台湾リーグ唯一の2度の3連覇を誇った名門球団。台南に本拠地を置く統一獅(統一ライオンズ)とは古くからのライバルであり、日本でいう巨人阪神の関係性である。(台湾版伝統の一戦とも)

また本家阪神同様ファンが熱いこともあり、ある年の台湾シリーズ敗退後に不調選手のフェスブックが荒れに荒れて一時閉鎖される事態もあった。昨年は御家騒動があり、監督の林威助が実質的途中解任もありチームとしてまとまりを欠き、プレーオフを逃した。

台湾国内でも随一の人気を誇り、鬼滅の刃スポンジボブなどとコラボしたことも。

過去在籍経験のある選手

真田裕貴林威助中込伸、高野圭介、牧田和久バルビーノ・ガルベス、マリオ・ブリトー、ガブリエル・イノーア、ミッチ・ライブリー、オーランド・ロマン

 

樂天桃猿(楽天モンキーズ)
黄金時代の栄光は何処へ…かつての桃猿王朝再建へ

 

前身のLAMIGO時代に応援歌ブームの火付け役と国内屈指の強力打線、通称"暴力打線"で10年代黄金時代を謳歌した。そのラミゴ時代の恩恵もあり、10年代から一気に国内外問わず人気も知名度も上がった球団。

しかし20年にラミゴの球団売却に伴い、樂天桃猿となってからは

20年:僅かの差でプレーオフ逃す

21年:プレーオフ逃す

22年:年間勝率1位も台湾シリーズ4連敗

23年:プレーオフ勝ち上がるも台湾シリーズ敗退

と、ここぞで強力打線が沈黙や投手の炎上で勝ち切ることができていない

しかし未だ打線は国内随一の火力を誇り、今シーズンも驚異的な爆発を誇りそう。

 

過去在籍経験のある選手

張誌家マック鈴木入来智、ケニー・レイ、陽耀勲クリス・セドン、パット・ミッシュ、佐藤由規

 

見どころ

 

①全球団が新監督!采配やいかに!

巨人は今季から阿部慎之助監督であることは勿論ご存知であろうが、中信兄弟と樂天桃猿も新監督体制で迎える。

中信兄弟は元阪神オリックスで活躍した平野恵一である。前監督である林威助の下で昨季途中までヘッドコーチを務めており、林威助監督同様日本式のスモールベースボール的戦術を采ると見られる。

一方で樂天桃猿は元近鉄古久保健二が新監督に就任。2019年から21年まで富邦でバッテリーコーチを務めており、22年からは樂天でヘッドコーチを務めた。実質的内部昇格であり、前監督の曾豪駒の作り上げた「暴力打線」を継承してビッグベースボールで畳み掛けるであろう。

 

②打順の組み方

①に近いが、やはり打線の組み方が鍵となる。

中信兄弟のチーム状況は実質生え抜き功労者のベテラン周思齊(WBCで田中からタイムリー打った選手)の指名打者起用1つでポジションが複雑化する。特に外野の競争が激しい為、調子によって打順が入れ替わる可能性が高い。

また、樂天は陳俊秀という打線の核がFAで兄弟に移籍したことに伴い、空いたファーストによって守備負担を減らしつつも攻撃的なスタメンを組むことができる一方、ただでさえ守備力が低いチームなので、いかに攻守のバランスを見て組むのかが鍵となる。

 

中信兄弟予想スタメン

1番センター・岳政華

2番ライト・陳子豪

3番指名打者・周思齊

4番ファースト・陳俊秀

5番レフト・詹子賢

6番セカンド・岳東華

7番サード・王威晨

8番キャッチャー・高宇杰

9番ショート・江坤宇

 

樂天桃猿予想スタメン

1番セカンド・林立

2番ライト・成晉

3番サード・梁家榮

4番ファースト・廖健富

5番ショート・林承飛

6番指名打者・林智平

7番レフト・林燿煌

8番キャッチャー・張閔勛

9番センター・陳晨威

 

③国外でも知名度の高いスター選手の活躍

近年のチアブームにより、再びCPBLは脚光を浴びている。そんな中WBC等で注目を浴びた選手も数多く存在する。果たして彼らの技術は巨人にらどこまで通用するか、が巨人打倒の鍵となる。

 

中信兄弟注目野手①・江坤宇(SS)

高卒2年目でショートの絶対レギュラーであった、王勝偉からレギュラーを奪取。圧倒的な守備範囲を誇り、台湾球界歴代最高と評されることも。

打撃も年々進歩を見せており、兄弟では繋ぎも強打も可能な2番打者を務める可能性が高い。

愛称は小可愛であり、近年はちいかわに似ていると話題に。

 

中信兄弟注目野手②・陳子豪(RF,DH)

2016年辺りからブームとなった峮峮と峮峮ダンスの原曲の選手。実力も申し分なくホームラン15本、OPS8を計算できる選手…

であったが、一昨年から怪我等もあり不振に。まだまだ29歳。まだ衰えるには早すぎる。

ちなみに陳子豪はスロースターターであり、4月までの打率は毎年低い。あと意外と?知られていないが、通算ホームラン数114本はCPBL歴代19位に当たる。

 

中信兄弟注目投手①・吳俊偉(RP)

王建民コーチからの魔改造指導のもと再び化けた右腕。平均147キロのストレートと平均135キロのチェンジアップで打者を翻弄する。昨季は勝ちパターン入りをし、最多ホールドのタイトルを獲得。時に呂彦青の不調時には代理で守護神を務め上げた。本名は池俊偉。

中信兄弟注目投手②・呂彥青(LP)

かつて阪神でプレーした呂彦青だが、戦力外後は中信兄弟へドラフト一位入団。当初は貴重な先発左腕として期待がかかるも、不調でリリーフへ転換。しかしこれが功を奏し、22年後期からは守護神へ。150キロを超えるノビのあるストレートを軸に奪三振の山を築き上げる。

打たれ強く、ピンチでも動じない鋼のメンタルの持ち主。

樂天桃猿注目野手①・廖健富

昨年は.313 22本 83打点OPS.910とMVP級の数字を残した左の天才打者。

甘い球は容赦なく叩いてライトスタンドへライナーで打ち込む。オリックスとの壮行試合では2本塁打を記録しており、今季こそは打撃の調子の波を無くして三冠王を目指す。頓宮に顔が似ている。

樂天桃猿注目野手②・林立

台湾の山田哲人とも称される右の天才打者。

広角にホームランを打ち分けつつ高い出塁率を誇り、昨季も怪我等もありながらOPS.893を記録した。守備は荒さが目立つ故にエラーも多いが、エラーをすると打撃成績が上がる…?応援歌がロックマンで有名。

樂天桃猿注目投手①・陳冠宇

元ロッテ等でプロスピAでも話題になった、「チェングァンユ」彼自身も呂彦青と同じく中継ぎで大成した投手。近年はゴロを打たせるピッチングが多く、火消し役として登板している。

めちゃくちゃ大食い。

樂天桃猿注目投手②・ペドロ・フェルナンデス(威能帝)

巨人戦先発が発表された、今季がCPBL2年目の投手。昨季途中に加入するも先発8試合全てで大崩れすることなく、防御率は2.09を記録。statsは軒並み優秀で、ストレートの平均球速は147㎞。曲がりの大きいスライダーとチェンジアップで打者を翻弄する。

弱点としては左打者の方がよく打たれており、被弾3も全て左打者から。門脇や吉川尚で揺さぶりをかけられるか。

 

恐怖のチャンステーマ
中信兄弟・CHARGE

台湾華語が話せなくても簡単なフレーズで応援できるチャンステーマ。台湾代表のチャンステーマとしても使われる。

youtu.be

 

中信兄弟・兄弟精神

試合終盤に使われるここぞの場面で使われるチャンステーマ。歌詞には深い意味が込められているので知りたい方は調べてみてね。

youtu.be

樂天桃猿・海盗嗆司

チアがグルグル腕を回すことで有名なチャンステーマ。コールの一体感が凄まじい。

youtu.be

樂天桃猿・勝利飛船

近年人気沸騰中のチャンステーマ。コールも簡単でノリやすい。

youtu.be

樂天桃猿・超越夢想

樂天の試合終盤ここぞにおける時に流れるチャンステーマ。2019年台湾シリーズ第1戦での廖健富のサヨナラタイムリーを呼び込んだ。

youtu.be

youtu.be

試合を見る方法

 

試合を見る方法は大きく分けて2つ!

 

ジャイアンツTV、日テレG+での視聴

tv.giants.jp

台湾人向けは公視での視聴

www.youtube.com

まとめ

とりあえずみんなもこれを機にCPBLに興味を持ってくれ!

 

【CPBL・タイトルホルダー】富邦悍將・范國宸 パワプロ2023

范國宸(1994年11月25日

 

経歴

國立臺灣體育運動大學

富邦悍將隊(2017年-)

 

成績 .264 12本 65打点 OPS.733

ベストナインゴールデングラブ賞(ファースト部門)

f:id:Kirisaki_reiri:20240218134447j:image
f:id:Kirisaki_reiri:20240218134450j:image

初の二桁本塁打

一皮さらに剥けた23年シーズン。相も変わらず案の定低迷した富邦を支え続けたのはまさしく彼しかいない。クリーンアップに座り、攻守に渡ってチームを支え続けた。

意外と足も速く、2021年にはCPBL史上初のランニング満塁ホームランを放った。また、WBCイタリア戦では代打で放ったボテボテのゴロを全速力で走り、ラッキー内野安打となり勝ち越し安打となっ。

入団前は長距離砲としての素質を見出されていたが、現在は中距離砲に甘んじている。今季は完全才能開花を果たし、ホームラン王争いに絡めるか。

 

能力

プルヒッツァー:センター方向のホームランもそこそこ多いが、強振はいつも豪快に引っ張り

 

リクエストはこちらから↓

【CPBL・タイトルホルダー】味全龍・吉力吉撈・鞏冠 パワプロ2023

吉力吉撈・鞏冠 (1994年3月13日—)

 

経歴

MLB傘下

味全龍(2021年〜)

 

2023年成績

.284 23本67打点 OPS.882

本塁打王

f:id:Kirisaki_reiri:20240214232523j:image
f:id:Kirisaki_reiri:20240214232526j:image

ジリジラオ・ゴングァン

WBCでもホームランを放ち、独特な名前で少し知名度が上がった男。打撃ファームはロイヤルズのペレスに似ている。

23年シーズンも22年同様、後期に打ちまくりホームラン王を獲得。今年も三冠王選手誕生を阻止した。

ちなみに台湾の先住民族パイワン族の出身故に登録名もこのように印象に残るものとなっている。パイワン語の発音に近い漢字を当ててこのような漢名となった。(ちなみに蔡英文総統もパイワン族の血筋。)

youtu.be

リクエストはこちらから↓ 作者Twitterアカウント↓

【CPBL・タイトルホルダー】 樂天桃猿・廖健富 パワプロ2023

廖健富(1998年9月28日—)

 

・經歷

嘉義市西區博愛國民小學少棒隊
嘉義市民生國中青少棒隊
高雄市私立高苑高級工商職業學校青棒隊
中華職棒Lamigo桃猿(樂天桃猿)

 

・2023年成績 .313 22本83打点 OPS.910

打点王 ベストナイン指名打者部門 

f:id:Kirisaki_reiri:20240213210906j:image
f:id:Kirisaki_reiri:20240213210909j:image

・時期大王

天才的打撃で遂に覚醒した台湾の坂倉。頓宮に顔が似ている。

大型打撃捕手として高卒としては初の全体ドラフト1位選手として入団し、2020年には捕手としてベストナインを獲得。しかし、何度も怪我に悩まされ、近年はほぼ内野一本。

結果的に三冠王ペースで打ちまくり、少し失速したものの打点王を獲得。樂天の四番打者として、チームを牽引し続けた。

 

・能力

固め打ち+調子極端:普通はどちらか一方である

が、諸事情により両方付けることに(理由はまた後日ね)

サヨナラ男:今年も一本逆転サヨナラホームランを打っているが

youtu.be

やっぱこれだよね。しかもこの年MVPに代打で緊張しただろうし。

 

リクエストはこちらから↓ 作者Twitterアカウント↓

【CPBL・LEGEND】統一獅・潘武雄(2012年版) パワプロ2023

潘武雄(1981年3月11日—)

・経歴

 

・2012年成績 .388 9本 57打点 4盗塁 OPS 1.102

・獲得タイトル 打撃王(首位打者)

f:id:Kirisaki_reiri:20231107132814j:image
f:id:Kirisaki_reiri:20231107132810j:image

武神

成績以上に愛された台南の高橋由伸。若き日はチャンスメイクを行い、打撃に円熟味が増す度に4番打者としてクラッチヒッターを放つ。守備もガッツがあり、ここぞのダイビングキャッチでチームを何度も救ってきた。また台湾シリーズに強く、5度の制覇に貢献した。

全盛期は2012年で打率は驚異の.388を記録。一時期4割を記録していたのもあり、史上初の4割打者になっていたのかもしれない… また、OPSも1.102でと高水準。

その内訳は出塁率長打率OPS、打率の順で…

0.506 0.596 1.102 0.388

といずれも高水準。二塁打は28本放ち、最高の中距離砲であることを知らしめた。

 

・能力

ミート:対左に物凄く強かったのですが対左Aは下品なので自重しつつ、この数値に。まぁ打高時代なのもあるけどね。

パワー:数的にはD相当だが、120試合中97試合での成績なので少し盛り気味。

対ストレート:HRなどの長打は速球、というか中途半端な球速の直球をしばき倒しているイメージ。パワーとの兼ね合いも考えつつ、OPS補正も入れて採用。あと台湾シリーズにも強いから少し盛った。

 

ちょっと雑談

今後少し査定のことについて話していくんですが、CPBLの打高って皆さんが思う打高とは別なのでこの辺り2010年辺りの選手は全体的に「ミート−5、パワー+5」されていると思っていただければと思います。はい。

 

リクエストはこちらから↓ 作者Twitterアカウント↓

 

CPBL査定のコツをまとめてみた!!!【野手編】

大家好!!!我是永遠的棒球。

つい先日、パワプロのこととかを書くブログさんがwww.heroin-powerpro.com

 

このような素晴らしい記事を書いており、それを見た私は何を血迷ったのか

というふざけたツイートを行い、10いいねきたらやろうかなと思っていたものの見事に超えましたとさ…おしまい。

 

ということの経緯は置いておいて、真面目に書きます。はい。

とりあえず目次から

 

 

で、大前提としてですが…

 

当ブログはCPBL査定のブログ 

ということを大前提として参考にして下さい。

例えば王柏融NPBであまり活躍できなかったから、ラミゴ時代の大王はミートCや!Dや!ということはしません。普通にミートSにしますので。(まぁ大王以外にミートSにはしないけど) というか大王が活躍しきれなかった理由は他にあるし。

 

じゃあ行ってみよう!!!

 

 

そもそも編①:CPBLを見よう!!!

元も子もない話ですが、まずは見ないと話になりません。(なぁKONAMI)

で、よくCPBLはどこで見れるかという質問もたまに来ますので簡単に申し上げます。

ハイライトだけならCPBL公式YouTubeで全然見れます。また、成績等はCPBL公式サイトでほぼ乗っています。UZRとかはありませんが、カウント別や対左や満塁などの状況別打率は全て乗っています。(得点圏打率、被打率は計算しないといけないけどね。)

最近では野球革命というサイトが打撃指標を乗っけているので、こちらの方がおすすめです。

www.youtube.com

www.rebas.tw

 

そもそも編②:ptt(台湾の2ちゃん)を見よう!!!

おーい、2ちゃんなんて選手の誹謗中傷の場所だろ〜ヤフコメも呆れとったわ。

みたいな意見がありますが、意外と掘り出し物データがあります。結構おすすめ。

特に守備の細かいデータがあったりするので査定に使えて嬉しかったり。

www.ptt.cc

 

そもそも編③:パワプロ2020の2020決定版査定を確認しよう!!!

正直これが一番重要です。というのも現在のCPBLは120試合制です。

一方NPBの試合数は143試合、しかし2020シーズンはコロナの影響で120試合制でした。なのでもし本家パワプロを参考にするならこの年のを参考にするしかありません。

その査定を見ると、例えば28HRの大山がパワーA査定。実績のあるウィーラーが12HRでパワーB査定。みたいな感じに、シーズン通してHRキングが10本代の時もあるCPBLはどうしてもパワーの査定が低くなりがち。HRキングなのにパワーCとかになるし、接戦だったら尚更ね…

なので、パワプロ2020の120試合制の査定で野手は特にパワーを確認していただければと思います。

www.baseless.org

これらを踏まえつつ、実践編に入ります。

 

 

野手実践編①:弾道

データ2割:イメージ8割、基本弾道は2か3

まず弾道についてですが、イメージ査定が強いのでイメージ査定が基本と思います。

CPBLの選手の弾道を見ると分かるのですがアッパースイングでぶちかます、みたいな選手はさほどいないと思われます。また、ホームランの打球も

打者「カキーン!!」 

アナ「いったああああああああ!」 

球迷「うわ・・・どこまで飛ぶんやろ・・あれ?フェンスギリギリやん!!」(※出典:パワプロ村)

とかザラにあるのでね。

 

野手実践編②:ミート

データ7割:イメージ3割、打高時代は盛りすぎないで特能で補う

次にミートですが、打高時代もあったり打低時代もあったりするのでどんなに高い打率でもミートは抑えるようにしております。その分特能で抑えたりね。

気をつけて欲しいことは、ミートは対右打率なのをよく考慮して査定しないといけません。例えば数年前の統一打線はチーム全体で対左恐怖症であり、対右と対左で打率の差が雲泥の差だったりします。このようにCPBLは異常なほど対左に弱い選手がいたりするので、それを再現するためにもミートは抑えめに査定します。

で、基本的なイメージですが基本的にはCPBLNPBと同じように査定します。

S:.360~ A:.340~.350台 B:.320~.330 C:.300前後~.320 D:.270前後 E:.250前後 F:.220前後

ただ現在の打低(というか落ち着き)時代はこれらの基準を.010くらい下げるイメージです。

 

野手実践編③:パワー

データ7割:イメージ3割

で、パワーに関してですが基本的には甘めの査定です。一応基準はありますが

 

S:高國輝 A:30本前後 B:20本〜 C:15本〜 D:10本以下 E:5本程度

となっております。しかしCPBLあるあるで本来の実力なら〇〇本打てたけど、怪我があったりあまり調子が上がらなかった。でもHRキング獲れちゃった!!!みたいなこととかザラにあるので基本的には打席数に対して何本打ったかを一番に考えます。

また打低の現在やHR王が20本台の場合は5本ほど基準を下げる感じです。

また、パワプロ2020決定版能力をよく参照することも必要です。

 

野手実践編④:走力、肩力、守備力、捕球

結論、勘

ただDELTAさんがCPBLのポジション別のDRSなどをTwitterで見ることができるので、あとは見る目を養う、これに限るのかなと。

ただ気をつけて欲しいのは、単純に守備が上手い選手と総力で守備力を補っているという2パターンがあるのでそこの見極めが重要です。例えば何かとランニングキャッチが多かったり、物凄く足は早いのに何故か両翼で起用されていたりするので…

 

野手実践編⑤:強振特能系

結論、パワーヒッターは年に1人いるかどうか、プルヒッターは積極的につける

広角打法も極力自重、ラインドライブはやや積極的につけても可

まぁ近年のパワプロもパワーヒッター持ちが岡本や山川、村上などと少ないです。これも考慮して、HRがあまり出ない環境下のCPBLはもっと自重します。先述の通り、フェンスギリギリの打球も多いことを考慮するのでラインドライブは逆にやや積極的につけてもいいのかなと思います。

 

とりあえずひとまずここまで、

最後に私なりの創意工夫をまとめると

気持ち強めに能力を設定する。

これが何かと一番重要なのかなって思います。やはりCPBLNPBKBOと比べるとレベルが低いので、下に見られがちですが国内リーグ目線で考えると少し盛るくらいが強いのかと思います。

 

今後追記、修正の可能性あり。(最終編集:2023/11/03)

 

リクエストはこちらから↓

作者Twitterアカウント↓

北海道日本ハムファイターズ・孫易磊 パワプロ(實況野球)2023

孫易磊(2005年2月10日〜)

 

・経歴

新北市穀保家商青棒隊〜日本ハム?(2024〜)

f:id:Kirisaki_reiri:20230920023833j:image

f:id:Kirisaki_reiri:20230920024617j:image
f:id:Kirisaki_reiri:20230920023830j:image

一壘哥

MAX155キロを誇るU-18台湾代表のエース。打撃にも秀でており、二刀流としての育成も期待される。先日日本ハムが獲得を発表した。

 

・能力

球種はシュート回転のかかった鋭いフォーシーム、スライダー、そして下方向の変化球。メディア媒体によってスプリットやフォーク、スプリットチェンジやチェンジアップと記載される。今回はスプリットを採用したが、実際はシンカーのように落ちる。山崎康晃や清水昇の高速シンカーに近いとも言える。(これについては下記に少し)

球速安定:調子が良い時は150キロオーバー連発。

打たれ強さE:結局台湾人選手が海外で活躍するにはこれ。打たれても切り替えたり、引きずらずに立ち直れるかどうか。

リリースと球持ちについて:上記のようにナチュラルシュートするフォーシームとシンカー方向に曲がるスプリットの見分けが付かず、ワールドカップでは他国の選手はバットを空に切っていた。が、意外と(?)捉え気味な所もある。実際ワールドカップでは変化球は空振りを取るというよりも、タイミングをズラして打ち取るというリリースと球持ちは結構強い特能なので、今回はスルーを選択。

四球:制球は悪くないが、突如として崩すこともあり得る。実際ストレートのフォアボールもそこそこあった為。

 

総評:ポテンシャルの高さ故に完成系は高橋宏人と言うべきか。ただストレートは力強くても、それに合う下方向の変化球がどこまで球威を上げられるかによるのかと思われる。スタミナはまだしも、コントロールには軽く不安を残す為どこまで改善出来るか。場合によっては宋家豪のように中継ぎ出世コースを歩む可能性も。

なーんて書きましたが、実際世代最強で10年かに1人の逸材レベルなのは間違い無いので是非とも二刀流で頑張って欲しいものです。あとは怪我についても、CPBLでは味全龍の徐若𤋮が高卒2年目でトミージョンをしたように膝の管理やケアなどのバックアップもきちんと球団にはして欲しいものです。

リクエストはこちらから↓

作者Twitterアカウント↓